コレステロールとダイエットの関係

コレステロールは、ダイエットと関係があるのか?

 

コレステロールが高いと太っていると思いませんか?

 

ダイエットと関係があると思う人は、多いと思います。

 

実は、ダイエットをする=コレステロールが下がるとは限りません。

 

ということは、コレステロールとダイエットは無関係?

 

厳密には関係はあります。

 

それは、コレステロール値が高いままでは、ダイエット効果がなかなか出にくいからです。

 

だから、コレステロールを下げることは、ダイエットに役に立ちます^^

 

それにコレステロールを下げることは、健康にはとてもいいです。

 

コレステロールとは、そもそも何なのでしょうか?

 

コレステロールとは?

コレステロールは脂質のことです。

 

コレステロールは、血液、脳、内臓、筋肉、脂肪細胞などにあります。

 

人間は、体内でコレステロールの2/3を生成できます。

 

残り1/3は、食物から摂取をしています。

 

コレステロールには、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があります。

 

悪玉コレステロールが高過ぎ、または、善玉コレステロールが低過ぎる場合に病気になることがあります。

 

ダイエットや健康に特に悪影響を及ぼしやすいものが悪玉コレステロールです。

 

悪玉コレステロールが増える原因

 

悪玉コレステロールが増える原因は、動物性脂肪に偏った食生活、喫煙、運動不足がほとんどです。

 

上記全部の生活週間が悪いと悪玉コレステロールがたくさん溜まります。

 

悪玉コレステロールが増え過ぎるとどうなるのか?

 

悪玉コレステロールは、肝臓で作られます。

 

それから、血流により全身に送られて体内で利用されます。

 

ただし、過剰摂取すると血中に溜まります。

 

そうすると、行き場がない悪玉コレステロールは動脈の壁に入ります。

 

そして、動脈硬化の原因となります。

 

動脈硬化が進むと、狭心症、脳梗塞など死に至る病気に発展することがあります。

 

だから、健康診断で異常値が出た場合は、改善した方がいいです。

 

悪玉コレステロールを減らす食べ物

・青魚

青魚に含まれるDHA、EPAには、コレステロールを下げる効果があります。

 

青魚とは、背の色の青い魚をさします。

 

例えば、サンマ、イワシ、サバなどです。

 

・野菜

キャベツやブロッコリーには、SMCSが含まれています。

 

SMCSには、悪玉コレステロールを下げる効果があります。

 

・キトサン

キトサンとは、カニの殻などから抽出された食物繊維のことです。

 

このキトサンには、悪玉コレステロールを下げる効果があります。

 

・大豆

大豆に含まれるレシチンには、コレステロールを抑制する効果があります。