中性脂肪とコレステロールの違いをご存知でしょうか?

 

ダイエットしたい人なら、中性脂肪とコレステロールはどちらも気になる部分ではないでしょうか?

 

何となくどちらも多過ぎると、太るイメージがあるかと思います。

 

今回は、この中性脂肪とコレステロールの違いを分かりやすくご説明します。

 

中性脂肪とコレステロールの違いを分かりやすく

 

中性脂肪とコレステロールの違いの前にまずは、中性脂肪とコレステロールの役割から見ていきましょう^^

 

中性脂肪とは?

 

体内の脂肪全てのことを脂肪と言います。

 

体内の血液と脂肪が合成された状態を中性脂肪と呼びます。

 

中性脂肪は、人間が生きていく上で、実は必要な要素なんです。

 

とにかく中性脂肪=太るみたいに思われている人は多いかと思います。

 

中性脂肪は、腸で消化されると血液の中に取り込まれます。

 

血液に取り込まれた中性脂肪は、臓器や筋肉などでエネルギーとして消費されます。

 

中性脂肪は、エネルギー燃焼順位が糖質に次いで高いです。

 

また、中性脂肪は、エネルギーを貯蔵しておくという役割があります。

 

しかし、中性脂肪をとりすぎると、余った中性脂肪は、脂肪組織と結合して皮下脂肪や内臓脂肪になります。

 

この内臓脂肪や皮下脂肪が多いと、太るに繋がります。

 

 

中性脂肪をとりすぎると病気の原因にもなります。

 

中性脂肪が増えすぎると、不要なコレステロールを排出する働きをする善玉コレステロールが減少します。

 

善玉コレステロールが不足すると、血液中の悪玉コレステロールが増加します。

 

悪玉コレステロールが増加すると、血液がドロドロになり、血管内が詰まりやすくなり、動脈硬化につながることもあります。

 

 

体脂肪と中性脂肪の違いは?

 

ダイエットでは、体脂肪と言うワードもよく耳にしませんか?

 

では、体脂肪と、中性脂肪の違いは何なのでしょうか?

 

血液中を流れる中性脂肪は、内臓や皮下に送られて体脂肪となります。

 

つまり、中性脂肪は、いずれ体脂肪に変化します。

 

 

コレステロールとは?

 

コレステロールは脂質の一つです。

 

コレステロールは、体の細胞膜を作り、全ての細胞を保護し、丈夫にする働きをしています。

 

また、ホルモン、胆汁などを作る働きもあります。

 

コレステロールは、体に必要な要素です。

 

コレステロールは、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)善玉コレステロール(HDLコレステロール)、リポタンパク質(VLDL)の3つで構成されています。

 

善玉コレステロールは、血液にある余分なコレステロールを減らします。

 

悪玉コレステロールは、コレステロールを増やす働きをします。

 

健康面では、善玉コレステロールが少な過ぎても、悪玉コレステロールが多すぎても良くないです。

 

健康診断でコレステロール高いと言うのは、一般的に善玉コレステロールと悪玉コレステロールなどの全てのコレステロールを含めた値を指します。

 

総コレステロール値が220mg/dl以上を高コレステロール血症と呼びます。

 

必ずしもではないですが、コレステロールが高い人は、太っている可能性が高いです。

 

コレステロールをとり過ぎると、行き場がない悪玉コレステロールが動脈の壁に入り込み、動脈硬化の原因となります。

 

 

まとめると、中性脂肪とコレステロールの違いですが、どちらも体に必要な要素です。

 

中性脂肪が増えると、それに比例してコレステロールも増えます。

 

中性脂肪とコレステロールが増えすぎると、どちらもダイエットの大敵となり太ります。

 

そして、あまりに過剰な値になると、病気に発展してきます。

 

そうかといって全く必要ないことはないため、中性脂肪もコレステロールもどちらも程よい数値がいいと言うことですね^^

 

 

中性脂肪を下げる食事

食物繊維

 

食物繊維には、中性脂肪を下げる効果があります。

 

食物繊維が含まれている食材は、こんにゃく、 ひじき、そば、じゃがいも、ごぼう、ほうれんそう、キウイ、みかん、りんごなどがあります。

 

青魚

 

青魚とは、背中が青い魚のことです。

 

青魚にも中性脂肪を下げる効果があります。

 

イワシ、アジ、サンマなどです。