肌が乾燥すると、顔にシワができると言われています。

実際の所はどうなのでしょうか?

乾燥だけで顔のシワができているのでしょうか?

 

顔のシワは乾燥だけが原因ではない。その他の原因とは?

 

顔のシワは、乾燥が一つの原因です。

ただ、顔のシワの主な原因は、表皮のコラーゲン、エラスチンの変化や減少です。

コラーゲンは、たんぱく質からできた繊維のことです。

肌の真皮の水分を除いた約7割を占める成分です。

エラスチンは、コラーゲンをつなぐ繊維のことです。

コラーゲンもエラスチンも年齢と共に減少していきます。

続いて、顔のシワの種類や原因についてご説明します。

 

顔のシワ ちりめんじわの乾燥以外の原因

顔のしわの初期段階は、ちりめんジワ(小シワ)です。

ちりめんジワは、細かいシワのことを指します。

肌が乾燥すると、ちりめんジワになるのですが、他にも要因はあります。

ちりめんジワができる原因の一つに紫外線があります。

強い紫外線を浴びることで、活性酸素が発生をして、肌の老化が進みます。

そのため、ちりめんジワになります。

また、年をとるごとに新陳代謝が悪くなり、ちりめんジワの原因となります。

ただ、ちりめんジワは、シワの中でも初期段階のため比較的回復がしやすい
状態です。

 

顔のシワ 表情ジワと乾燥は関係があるのか?

顔のシワの第2段階は、表情ジワです。

表情シワとは、顔の動きに合わせてできるシワのことです。

表情ジワは、乾燥からできるシワとは違います。

10代、20代の若い時は、表情が戻ることで、表情ジワにはなりにくいです。

ただ、加齢とともに、顔のシワが深くなり、表情ジワになります。

それに加えて、真皮のコラーゲン線維の変化やコラーゲン線維がキレると、

深いシワとなり表情シワになります。

コラーゲン線維は、肌の弾力を持つ部分です。

加齢とともに段々と弾力がなくなり、コラーゲン線維自体も減少していきます。

コラーゲンが減少することで、表皮が薄くなり、顔のシワができやすくなります。

表情ジワができやすい部分は、目元です。

目元は、動きが多く、皮膚が薄く弱いからです。

また、歯周病や喫煙者の人は、歯肉が痩せているため、口元にシワができやすいです。

表情じわは、間違った食事、化粧水によるスキンケア、サプリメンでは治りません。

真皮のシワを防ぐ為には、それ相応の正しいアンチエイジングが必用です。

 

顔のシワ 乾燥肌対策とコラーゲン、エラスチン対策。

上記でもご説明した通り顔のシワの大きな要因は、コラーゲンとエラスチンの不足によるものです。

今回はまとめて、乾燥肌対策とコラーゲン、エラスチン対策をご紹介します。

顔のシワの乾燥肌対策

・紫外線対策

紫外線は、顔のシワの原因の一つです。

そのため、日傘や日焼け止めを塗って、紫外線対策をすることで乾燥肌対策になります。

 

・肌に水分を与える

乾燥すると言うことは、逆に水分を補給することが大切です。

保湿成分が高い成分として、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸があります。

これらが含まれた基礎化粧品を選ぶといいです。

・栄養を考える

食べ物も乾燥肌と関係があります。
栄養バランスを考えた食生活も大切です。
中でもビタミンとミネラルは、乾燥肌に有効なので、積極的に摂取するようにすると効果的です。

 

顔のシワのコラーゲンとエラスチン対策

コラーゲンとエラスチンは、食事から摂取することで、効果的に補給することができます。

・コラーゲンを含む食べ物

うなぎ、カレイ、エビ、くらげ、手羽先、豚バラ肉、ゼリー、プリン、杏仁豆腐。

・エラスチンを含む食べ物

かつお、牛肉、豚肉。

 

コラーゲンとエラスチンは、スキンケアで外から摂取することもできます。

”フラセラ”と言う基礎化粧品がコラーゲンやエラスチンを含んでいます。

フラセラは、六本木の美容皮膚科医 工藤さやかさんが開発しているため
ご安心してご使用できますし、只今、キャンペーンでトライヤルセットが
安くなっていました♪

 

コラーゲン、エラスチン配合スキンケアを安価でGETしたい人はこちらもチェックしてみてください。

↓  ↓  ↓  ↓

フラセラ 最安値情報