一般的に肌のキメが粗いと、美肌に良くないと言われています。

では、キメが粗いとはどういう状態なのか?を分かりやすくご説明します。

 

肌のキメが粗いとは?分かりやすく説明

 

肌を良く見ると、網目模様のような凸凹な細かい溝があります。

この溝の形は、三角形や四角形のものがあります。

この溝のことを皮溝(ひこう)と言います。

 

また、溝と溝の間の盛り上がっている部分を皮丘(ひきゅう)と言います。

こんな感じです

↓  ↓  ↓  ↓

 

 

三角形や四角形の模様がキレイに並んでいて、かつ、模様が小さい肌がキメが整っている状態の肌です。

キメが細かい状態だと、肌表面がスベスベで透明感のある肌になります。

 

また、多くの光を取り込む効果がある為、肌が輝いて見えたり、化粧ノリが良かったりします。

肌のキメが細かいほど美肌!!

 

肌のキメが細かいとは、皮溝が深く細く、はっきりしている状態のことです。

 

キメが細かい肌

↓  ↓  ↓  ↓

 

反対に三角形や四角形の模様がキレイに並んでいないと、キメが粗い肌になります。

逆に肌のキメが粗いとは、皮溝が浅く広い状態です。

肌のキメが粗いと、毛穴が大きくなり、肌がざらッとした状態になります。

 

キメが粗い肌

↓  ↓  ↓  ↓

 

例えるなら、布でキメの細かい絹は、滑らかですが、粗い麻は、ざらッとした手触りです。

 

肌のキメは、遺伝に関係があります。

ただ、日本人は、欧米人に比べると、肌のキメが細かい傾向にあります。

 

だから、日本人で美人が多いことは、生まれ持った恵まれた美肌にも関係が
あると言うことですね^^

 

逆に、肌のキメが粗いと、弾力、ハリがなく、毛穴も目立つ状態になります\(~o~)/

 

肌のキメを細かくする方法とは?

 

食べ物:

肌のキメを細かくするには、食事から改善することができます。

美肌に効果的な食材は下記になります。

 

・タンパク質

大豆、牛乳、牛肉など。

 

・ビタミンA

人参、ほうれん草、かぼちゃ、レバー、ウナギなど。

 

・ビタミンC

キャベツ、ブロッコリー、じゃがいも、レモン、キウイ、いちごなど。

 

・ビタミンE

卵、アーモンド、落花生、ほうれん草、かぼちゃ、アボカドなど。

 

セラミド:

肌のキメを細かくするには、セラミド配合のスキンケアも効果的です。

 

肌のキメが粗いとは?分かりやすく説明 まとめ

 

肌のキメが粗くなるとは、皮溝と皮丘の形が崩れることから来ています。

 

上記の通り、美肌を作る上では、内からの栄養は、野菜が多くを締めています。

肌のキメが粗くなる要因の一つが加齢なため、歳をとるごとに、より一層、野菜を摂取することが大切になってきます。

 

野菜は、カロリーが低く、ダイエットにもいいです。

是非とも野菜を摂取するよう心がけると良いかと思います^^