肌のうるおいを保つためには、保湿が大切です。

今回は、肌への保湿力が高い代表的な成分をご紹介します。

 

肌への保湿が高い代表的な成分とは?

 

1.肌への水分をはさみ込む成分

 

水分をはさみ込む成分は、肌への保湿力が一番高いタイプです。

保湿成分が水をはさみ込むことで、うるおいを保つことができます。

 

・セラミド

セラミドは、細胞間脂質の約4割を占めています。

水分を強固にはさみ込む特性があります。

セラミドは、例え湿度が下がっても、水分をキープすることができます。

 

・水素添加大豆レスチン

水素添加大豆レスチンは、大豆から抽出される成分のことです。

 

・ステアリン酸コレステロール

ステアリン酸コレステロールは、セラミド以外の細胞間脂質のことです。

保湿力は、セラミドに比べたら劣ります。

 

・スフィンゴ脂質(スフィンゴリピッド)

スフィンゴ脂質とは、セラミド以外の細胞間脂質のことです。

保湿力は、セラミドに比べたら劣ります。

 

2.肌への水分を抱え込む成分

 

水分を抱え込む成分は、2番目に肌への保湿力が高いタイプです。

皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織の順で構成されています。

水分を抱え込むタイプの成分は、真皮に元々ある成分がよく使われます。

 

肌にスキンケアとして利用した際は、真皮までの吸収がされずに、角質内保湿として働きます。

湿度が下がったとしても、水分を抱え込んだままキープしてくれます。

 

・コラーゲン

コラーゲンは、真皮では弾力を保つ働きを持っています。

 

・エラスチン

コラーゲンも真皮にある物質です。

保湿力が高く、スキンケアに配合されることがあります。

 

・ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、真皮にあるゼリー状の物質です。

ヒアルロン酸は、200~600倍もの水分を蓄える力があります。

 

・ヘパリン類似物質

血液中のヘパリンという成分が水分含有力があります。

そのため、ヘパリン類似物質も保湿成分として応用されています。

 

3.肌への水分をつかむ成分

 

水分をつかむ成分は、3番目に保湿力が高いタイプです。

 

・プロピレングリコール(PG)、グリセリン、ブチレングリコール(1.3BG)

これらの成分は多価アルコールに分類されます。

多価アルコールとは、水に馴染みやすいアルコールのことです。

吸湿性に優れており、スキンケアによく使われる成分です。

保湿力は弱めです。

 

・天然保湿因子(NMF)

天然保湿因子は、角質細胞内にある水溶性の成分です。

天然保湿因子は、アミノ酸、尿素、ピロリドンカルボン酸(PCA)など約20種類の成分で構成をされています。

 

天然保湿因子は、保湿力が高く、それでいてサラッとしています。

使用感が良い為、スキンケアに配合されることがあります。

 

保湿だけが全てとは言いませんが、今後、スキンケアの容器の成分を見る時の参考にしてみてはいかがでしょうか?